求人票に載らない求人情報を調べることの大切さ

求人票に載らない求人情報を調べることの大切さ

PAGETITLE
例えばどんな求人でもそうですが、派遣や登録型アルバイト、フルタイムの仕事を探す場合でも、求人情報誌や求人票などを見て探す方は多いです。しかしその情報の中に載っていない情報をしっかりと調べることが、自分の生活や働き方との兼ね合いをつけて仕事ができるかどうかにかかってきます。

中小企業に多いことですが、多くの企業が求人票を登録する会社の規定で、登録票に書けない会社の業務があります。それはどの程度かは企業に寄りますが、実際に面接などで会社に行った際に、社員の様子や何時頃までどのような人がどのような状況で働いているかを調べるのが一番いいです。例えば、求人票に「主婦歓迎、週3日、4時間から」という文句が載っていたとします。しかしこの「から」という文字に寄って、実際はフルタイムとそう変らない勤務の可能性もあります。

実際に何日か会社を訪問したり、店舗によってはお客様として行ってみることで、店員の様子だったり、実際の実務内容なども知ることが出来ます。求人票には載っていない、本当の業務内容もしっかりと加味しないと、自分や家族の生活に支障をきたしたり、イメージや仕事内容が合わないなどの理由で、せっかく長い就職期間をかけた会社を退職しなければならなくなったりします。